ドコドアが選ばれる7つの理由

  1. テレワーク活用

    弊社は2015年からテレワーク制度を導入しており、自社のノウハウを蓄積したことにより導入コンサルのご相談へも対応を始めました。Web会議システムを活用し、遠隔地であっても問題なくコミュニケーションを取り制作を進められるようサポートいたします。

    テレワーク活用
  2. 集客

    ZoomなどのWeb会議ツールは基本的に無料で使えるので、会場費用や交通費が掛かりません。無料で、いつでも好きな場所でセミナーが開催できるので、集客をする上では大きなメリットになります。自宅にいながらいつでも集客することができます。

    集客
  3. ウェビナー

    テレワークを導入すると、ウェビナーと呼ばれているインターネット上でセミナーを配信することが可能になります。ウェビナーを配信すると一口にいっても、専門的な内容に関する講義や、会社説明会製品紹介 と用途は様々で、マーケティングにおいて人気の高いツールです。

    ウェビナー
  4. 採用対策

    採用難が続く中、弊社にも採用の難しさを肌で感じている採用担当者様からのご相談が多く寄せられています。採用を成功させるためにはマーケティングミックスによる媒体選定も必要ですが、何よりターゲットとするペルソナが御社を魅力的に感じてもらう必要があります。

    ペルソナ
  5. 海外でも

    Web会議による海外とのコミュニケーションによって交通宿泊費などの経費を大幅に減らすことが可能になります。訪日外国人による旅行消費額トップである中国韓国などのアジアだけでなく、アメリカヨーロッパなどを始めとした世界と繋がりましょう。

    海外でも
  6. 補助金活用

    小規模事業者持続化補助金からIT導入補助金ものづくり補助金創業補助金まで、数多くある補助金や助成金ですが、御社にとって最適な補助金・助成金を提案いたします。対象条件を満たしている方なら誰でも申請できるので、活用することで予算以上のサービスを受けることができます。

    補助金
  7. 支払い方法

    プラン制を採用することによって、この業界でよくある「相手を見て料金を決める」といったことは一切なく、見積りに掛かる時間も短縮できるためコストダウンにも繋がります。また、分割払いによる初期費用無料など、多彩な支払い方法をご用意しております。

    制作例

3つの助成金

事業継続緊急対策助成金 働き方改革推進支援助成金 働き方改革推進支援助成金
常時雇用する労働者が2名以上999名以下で都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等 テレワークを新規で導入する中小企業事業主 在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主
助成金の申請から助成事業終了後の実績報告日に至るまでの期間を通じて、次の要件をすべて満たしている者が対象
1.都内で事業を営んでいる中堅・中小企業等であること
※常時雇用する労働者の数が999人以下の企業であること
2.都内に勤務する常時雇用する労働者を2名以上、かつ申請日時点6か月以上継続して雇用していること
(省略)
10.都が実施する「2020TDM 推進プロジェクト」に参加していること
次のいずれにも該当する事業主。
1.労働者災害補償保険の適用事業主であること
2.次のいずれかに該当する事業主であること
小売業(飲食店を含む)…A:5,000万円以下、B:50人以下
サービス業…A:5,000万円以下、B:100人以下
卸売り業…A:1億円以下、B:100人以下
その他の業種…A:3億円以下、B:300人以下
※A:資本または出資額、B:常時雇用する労働者
次のいずれにも該当する事業主。
1.労働者災害補償保険の適用事業主であること
2.次のいずれかに該当する事業主であること
小売業(飲食店を含む)…A:5,000万円以下、B:50人以下
サービス業…A:5,000万円以下、B:100人以下
卸売り業…A:1億円以下、B:100人以下
その他の業種…A:3億円以下、B:300人以下
※A:資本または出資額、B:常時雇用する労働者
3.時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善を目的として、在宅又はサテライトオフィスにおいて、就業するテレワークの実施に積極的に取り組む意欲があり、かつ成果が期待できる事業主であること
1.機器等の購入費(例:パソコン、タブレット、VPNルーター)
※税込単価1,000円以上10万円未満の下記に示す機器等
2.機器の設置・設定費 (例:VPNルーター等機器の設置・設定作業費)
3.保守委託等の業務委託料(例:機器の保守費用)
4.導入機器等の導入時運用サポート費 (例:導入機器等の操作説明マニュアル作成費)
5.機器のリース料(例:パソコン等リース料金)
6.クラウドサービス等ツール利用料(例:コミュニケーションツール使用料)
1.テレワーク用通信機器の導入・運用
2.就業規則・労使協定等の作成・変更
3.労務管理担当者に対する研修
4.労働者に対する研修、周知・啓発
5.外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング等
1.テレワーク用通信機器の導入・運用
2.保守サポートの導入
3.クラウドサービスの導入
4.就業規則・労使協定等の作成・変更
5.労務管理担当者や労働者に対する研修、周知・啓発
6.外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング
250万円(100社限定、2.5億円規模) 100万円 1人当たり10-20万円、1企業当たり100-150万円
※成果目標達成状況に応じて支給
10/10(100%) 1/2(50%) 未達成で1/2(50%)、達成で3/4(75%)
2020年3月6日から5月12日 2020年2月17日から2年5月29日 2020年4月1日から12月1日
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

料金プラン

項 目 スタートプラン ベーシックプラン マスタープラン
料金 6万円 30万円 60万円
実質料金 ※1 1.5万円 7.5万円 37.5万円 ※2
ZOOM導入サポート
ZOOM導入後のサポート - 10日間 30日間
ZOOMアカウント数 2(無料プラン) 2(Proプラン)※3 4(Businessプラン)※3
ウェビナー導入サポート - -
機器サポート(Webカメラ) - -
機器サポート(ヘッドセット) - -
機器サポート(スピーカーフォン) - -
その他サポート(Chatwork) - -

※1 働き方改革推進支援助成金で成果目標を達成した場合の助成率75%で計算

※2 助成金適用は30万円分のみ

※3 無料プラン可

支払い方もいろいろ

初期費用については、契約時の支払いをパスしたり、分割払いにするなど多彩な支払い方法から選べます。

頭金0円プラン

分割プラン

飲食業・宿泊業 応援キャンペーン web・アプリ制作実質0円 コロナウィルス(COVID-19)で影響を受けている全国の飲食業・宿泊業向けに 応援キャンペーンを開催中! 詳しくは特設ページへ飲食業・宿泊業 応援キャンペーン web・アプリ制作実質0円 コロナウィルス(COVID-19)で影響を受けている全国の飲食業・宿泊業向けに 応援キャンペーンを開催中! 詳しくは特設ページへ

FLOW

お問い合わせから納品まで、どのような順序で進めるのかご説明します

1.お問い合わせ 2.ご提案・ご契約 3.導入 4.サポート 1.お問い合わせ 2.ご提案・ご契約 3.導入 4.サポート

よくあるお問い合わせ

ZOOM以外を検討しています。
ZOOM以外でも可能です。SkypeからGoogle meet、 Chatwork liveなど、ご希望をお知らせください。
助成金の手続き代行もしてもらえますか?
弊社は社会労務士事務所ではありませんので、事務手続きの代行をすることはできませんが、弊社の過去の事例をご提示したり、具体的な相談先などをお伝えすることは可能です。
ウェビナーなどの集客についても相談できますか?
弊社でもウェビナーによるセミナーを開催しており、その集客のためのマーケティングやプロモーションが本業であり、そのノウハウを余すことなくお伝えします。
テレワーク以外にもWebサイトやアプリ、集客の方法も提案して欲しいのですが可能ですか?
可能です。Webサイトからパンフレット、DM、SNS広告などから、ヒアリングをもとに弊社からご提案させていただきます。

お問い合わせ・資料請求

今すぐ無料でお問合わせ&お見積り

今なら3つの特典をプレゼント!今なら3つの特典をプレゼント!

必須の項目は必ずご記入ください。

会社名
役職
お名前
メールアドレス
都道府県
ご住所
お電話番号
ご検討状況
納期のご希望
ご予算
ご質問・ご意見

ご相談・
お問い合わせ