集客に強いSEO対策完備のホームページ制作会社|新潟・東京・名古屋→全国対応
0120-66-0209
お電話
ホームページのご相談・お見積り

スタッフ紹介

住 太陽 Sumi Motoharu

職種:社外取締役

社外取締役として、主に社員のレベルアップとドコドアの情報発信力の向上に取り組んでいます。常駐しているわけではないものの、オンラインの会議ツールを使っていつでも社員からの相談を受け付けているほか、このサイト上での情報発信も部分的に担当してます。

仕事をするうえで大切にしていることは?

クライアントの利益です。クライアントが期待しているのは、僕たちのサービスを利用することによってより多くの利益を手にすることです。ですから僕もまた、その期待に応えることを最も大切にしています。そのための方法や技術は日々新しいものが生まれ進化していますが、それらを常にキャッチアップし、ときにはリードしながら、クライアントの利益のために費用対効果の高い提案を考えています。

住太陽仕事風景1住太陽仕事風景2

今までどんなことを学んできましたか?

この業界でのキャリアのスタートはデザイナーでした。その後はクライアントのニーズの移り変わりやネットを取り巻く環境の変化に応じる形で独学しながら、コーディング、ディレクション、マーケティング、また解析や運用などの業務を身につけてきました。

そのほか、書籍の執筆や雑誌への寄稿、セミナーイベントでの講演も依頼があれば引き受けています。現在の個人としての中心業務は地方の中小零細企業を対象としたSEOや運用全般のコンサルティングですが、彼らがいかに生き残り成長していけるか日々学びながら業務にあたっています。

ドコドアを選んだ理由は?

本間社長の人柄にほだされたというのが一番の理由です。数年間にわたって「住さんとは良い関係を継続していきたい」と言われ続け、2017年には「顧問または役員としてドコドアに加わってほしい」というオファーをいただきました。直接的な決め手になったのはこうした社長の人柄ですが、地方発で日本全国を商圏にしていくという会社の方針が僕と一致していたこと、また将来のある若い社員さんがたくさん働いていることなどもまた、ドコドアを選んだ理由です。

入社後に感じたことは?

社員さんたちが思ったより大人しいことです。新潟県の地域性もあるのでしょうし、また女性が多いということもあるのかもしれませんが、強引で押しの強い人が少ない印象を持っています。こうした特徴は、激しいビジネス環境を勝ち残るという意味では少しばかりマイナスかもしれません。しかし、高い共感力を持ってエンドユーザーやクライアントと向き合ったり、静かに闘志を燃やしたりという意味ではプラスです。また僕自身もそうした感性の持ち主なので、親近感も覚えます。

住太陽入社後1住太陽入社後2

ドコドアの魅力は?

伸びしろが大きいところです。すでに新潟県内ではトップクラスの能力を持った会社ではありますが、全国レベルで見ればまだまだこれからです。ドコドアのような地方発の意欲的な会社が成長することは、全国の地方企業にとって、また地方経済の発展にとって、非常に好ましいことです。こうした点をふまえ、僕がこれまで数多くの地方企業に携わってきた知見をうまく活かせていけるものと考えており、そこに魅力を感じています。

趣味は?

オートバイでのツーリングです。僕のクライアントは日本中にいて、また講演の依頼も全国から舞い込みます。これらへの訪問はいつも、趣味と実益をかねてオートバイで訪れています。現地の空気を吸い、現地の食べ物を食べ、現地の温泉に入り、現地のライダーと交流する、のようなことは、実際の業務にも役立っていると実感しています。

それ以外では映画鑑賞が好きで、主に1960年代から70年代に制作された映画を特に好みます。ジャンルとしては、チャンバラ、マカロニウエスタン、カンフー映画を大好物です。ただ、この趣味に関しては話の合う人がまずいない、というのが悩みです。

住太陽仕事風景1住太陽仕事風景2

好きなモノは?

  • 温泉
  • バイクで走りながら見る絶景
  • 地方のおいしい食べ物
  • 座頭市(映画およびテレビシリーズ)

座右の銘?

松田明子座右の銘

自然界での生存競争において、強い者が生き残るといういわゆる弱肉強食ではなく、環境に適した者が生き残る、という考え方が適者生存です。強くて巨大だった恐竜も、変化に耐えきれず絶滅しました。変化の激しい業界にいる僕たちですから、すばやく環境に適応しながら生き残っていきたいと思っています。

今後の目標

クライアントには少しでも多くの価値を、ドコドアには少しでも多くの刺激を提供できるように、僕自身がよく学びよく考えると同時に、積極的な情報発信を心がけていきます。

住 太陽が書いた記事