プロデューサーとは

Producer プロデューサー セールスプロモーショングループ 加藤翼 / 2020年度入社

プロデューサー 加藤翼プロデューサー 加藤翼

プロデューサーとは

プロデューサーは検討中のクライアントに対して継続的なコミュニケーションで関係構築を行い、アプリ開発・Web制作を中心に企画・提案します。
クライアントの目的やゴール、エンドユーザーを理解し、最適な提案と新規商談の獲得を目指します。

主な仕事内容

プロデューサーは、プランナー・企画営業としてクライアントの問題解決のための具体的な企画やプランをプレゼンテーションしたり、時にはコンタルタントとしての役割も果たします。最初は先輩プロデューサーと一緒にお客様との打ち合わせに参加することで様々な案件に関わり経験を積みます。お客様が抱える悩みやエンドユーザーの人物像(ペルソナ)を見極めながら企画・提案を行い、頼れるコンサルタントとしてお客様の課題を解決します。
企画やデザインは、クライアントの要望をそのまま聞き入れるのではなく、両者が納得いくまで話し合ってブラッシュアップを行い、目的を達成できるようにします。

プロデューサー 加藤翼

先輩社員からのメッセージ

プロデューサーは多角的に物事を見る必要があります。クライアントの希望に対して「本当にそれでいいのか」「他にもっと最良の手立てはないか」と自問自答を繰り返し、最善の提案を行っていきます。そのためには自分自身のバックボーンとなる基礎知識から最新情報、これまでの動向など様々な事に興味を持って接しなければいけません。またドコドアはWebだけでなくアプリ開発等も行います。それぞれのプロとしてクライアントの要望に応えるため常に学びが必要です。

プロデューサー 加藤翼

プロデューサーのとある1日

9:00
出社・チームミーティング
9:30
お問い合わせへの対応
12:00
昼食
13:00
クライアント企業との打ち合わせ
15:00
提案資料の作成
18:00
退社

活かせる経験と能力

Webサイトの企画・制作管理・デザイン・コーディングの内いずれかは必須。

広告業界や印刷の企画・営業・ディレクション経験は歓迎します。

求める人物像

  • ・企画、提案力に自信のある方
  • ・学ぶ意欲、行動力、応用力、根性のある方
  • ・クライアントの課題を多角的に分析し、解決方法を提案できる方
  • ・コミュニケーション力があり、チームワークを取れる方
  • ・スケジュール等の自己管理ができる方

他の業種紹介はこちら

Entry 募集要項・応募フォーム

このページを見た人は、
こちらのページも見ています

ご相談・
お問い合わせ