お電話
ホームページのご相談・お見積り

スタッフブログ

8月26日全体会議「諦めずに続けること」

2019/08/26 イベント

今週の全体会議の模様です。全体会議は個人やチームで抱えている情報や学んだことを共有します。

小話「ゴール設定を明確にしよう」

今週の小話です。

『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(北野唯我、2019)

ディレクターの落合が紹介した書籍は『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(北野 唯我、2019)
こちらの本は本間からの紹介に加え、会社における立ち位置や人間関係に悩んでいたこともあり、手にとった本です。会社におけるコミュニケーションの断絶を防ぐためのポイントとして紹介したのは下記の3点。

  1. 自分が「天才」「秀才」「凡人」のどのタイプなのか把握する
  2. 自分や組織にとってのアンバサダーをみつける
  3. 自分の中に「天才」「秀才」「凡人」が存在することを自覚する

『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡壱誠、2019)

ディレクター/エディターの勝山が紹介した書籍は『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡壱誠、2019)です。こちらも本間よりおすすめされた本です。自分の文章がより相手に伝わる文章にするには何をすればいいか学ぶために読みました。「文章を作成するときはあとがき、結論に何を言いたいのかから作ると目的が明確となり、読む人にとってもわかりやすくなる」との紹介がありました。
その他、この書籍のポイントとして紹介したのは下記の3点です。

  1. 主張作りとして、「最後の結論」と「言いたいこと」を明確にする
  2. 言いたいことを伝えて、「相手にどうなって欲しいか」を明確にする
  3. 書籍の巻末に文章作成の重要なことがまとめられているので、時間がない人でも役立つ知識を得られる

『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』(宇都出雅巳、2019)

デザイナーの川田が紹介した書籍は『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』(宇都出雅巳、2019)こちらは川田が仕事をすすめる上で仕事のミスをなくしていきたいと思い、読んだ本です。仕事で起こるミスは全部で4パターンあり、そのミスをどのようにしていけばなくせるのか詳しく解説されています。紹介された書籍のポイントは下記の3点です。

  1. 思い込みで判断せず、判断できない場合は相手に聞く
  2. 意識の矢印を相手に向けてシンプルに質問をする
  3. 図を用いて解説されているので読み進めやすい

講話「過程から結果につなげるために」

代表の本間による講話では、ドコドアの今後の目標について話しました。

「現在進めているアプリモの目標として、現在約50ある代理店数をさらに増やしていきたいと思っています。もともとの目標としては8月に30の代理店が決まり、年内に55社くらい決まれば目標達成となる予定でした。しかし前倒しで8月9月には代理店社数の目標を達成できそうな見通しです。」

また、過程から結果につなげることに関して「ペンと紙」の話をしました。
「紙の上にペンがあります。紙を大きく傾けるとペンは紙から落ちますが、少しだけ傾けてもなかなか結果は出ない。結果は出ないが、変化は目の前で起きています。何度か傾けてると、ようやくペンが少し動く。でも落ちるという結果にはならない。また1度動かすと、ペンは転がるけれど落ちはしない。これがドコドアの今の状況です。ただ、さらに1度傾けるとペンが紙から落ちます。」

「結果というものはなかなか出ません。臨界点という限界をオーバーした時点で初めて結果が出ます。それまでは細かい兆ししか出ていなくて、なかなか結果の見通しができない。そのときに何をすれば良いのかというと『諦めずにそれを続けること』。今であれば、販売数を増やし、代理店数を増やすことです。」

「今現在なかなか結果が出ていないと思っていても、あと1度、0.5度傾ければ結果が出る状況まで来ています。みなさんには諦めず行動していってほしい。ここでやめることは失敗です。でも、諦めずに達成すれば過程でしかない。今は成功に至る過程を皆さんに経験してもらっています。」

「失敗してやめたくなると、いわゆる世間一般の制作会社と変わりません。でもゴールを達成し、全国の制作会社の方々を助けることで、その見返りとして『ありがとう』と一部の利益をいただくことに繋がります。そのためにも、みなさんにはもう1度傾けるためのご協力をお願いしたいと思います。」

また、会社の未来に関する話として新オフィスについても話しました。

「今は燕三条駅近くに新しいオフィスを建てることを計画しています。新しいオフィスを作った上で、何をしたいのか。それは若者が定住する土地を作り、その結果若者がドコドアに入社してくれる環境を作っていくこと。加えて、三条に来た方々にすごい街だと思ってもらえるようにしていくこと。そしてみなさんにこの会社で働いていてよかったと思ってもらえるようにしていきたい。なので改めて協力をお願いします。」

以上のように社員に伝え、講話は終了しました。

所感「仕事のミスをなくすために」

自分もまだ入って5ヶ月目となり、色々な業務をしていく中で、ミスをしてしまうことが多くあります。なぜミスをしてしまうのか、仕事で起こるミスを分析し、どのようなことをしていけばミスがなくなっていくのかを理解していくためにも、川田さんが紹介してくださった本『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』を読んでみたいと感じました。
今週も1週間よろしくお願いいたします!

明石 海渡が書いた記事

新着情報

スタッフブログ