集客に強いSEO対策完備のホームページ制作会社|新潟・東京・名古屋→全国対応
お電話

スタッフブログ

56 Webサイトを公開する方法

2014/05/29 HTML

Webサイトを公開する方法

自分で作成したWebサイトをインターネット上で公開するには、Webサイトを構成する「HTMLファイル」「CSSファイル」「画像ファイル」一式をWebサーバにアップロードする必要があります。WebサーバにはFTP(もしくはSFTPやFTPS)という仕組みを利用してアップロードを行います。WebサーバにアップロードされたWebサイトには、URLというWebサイトの住所が割り振られます。ブラウザにそのURLを入力する事で世界中の誰もがそのWebページを閲覧する事ができます。

Webサーバは、レンタルサーバ会社で借りる事もできますし、大手のインターネット接続プロバイダでは、無料で使用できるWebサーバが用意されています。

主なレンタルサーバ会社には、「さくらのレンタルサーバ」「ロリポップ」などがあります。

このページのまとめ

  • Webサイトを公開するには「HTMLファイル」「CSSファイル」「画像ファイル」をWebサーバにアップロードする必要がある。
  • WebサーバにはFTP(もしくはSFTPやFTPS)という仕組みを利用してアップロードが行われ、URLが割り振られる。

関連記事