スタッフブログ

03 SEOをきちんと理解しましょう

2013/12/09 SEO

SEOで上位表示を実現する

「狙ったキーワードでホームページを検索結果の上位に表示させる」というのがSEOの簡単な説明です。検索結果の1ページ目に表示されるサイトと、2ページ目に表示されるサイトとでは訪問するユーザーの数が圧倒的に変わってきます。商品を販売するサイトでは、月の売り上げが大幅に変わってくるのです。

まずは検索表示1ページ以内を目指してSEOを実践しましょう。その為には競合がひしめき合うビッグーキーワードよりも、競合が少ないスモールキーワードで地道にSEOの経験を積んでいく事が大事になります。

Google攻略がSEOのカギ

Googleにはアルゴリズムという検索結果決定の為の仕組みがあります。その仕組みについてGoogleは公開していませんが、Googleが好むページと嫌うページが存在するのです。

簡潔で分かりやすいタイトルをつけるなど、Googleが好む記述の方法がある一方で、キーワードをただ並べただけのサイトはスパム的な扱いとみなしGoogleは嫌います。Googleを攻略するということが、SEOを実践するにあたって非常に重要となるのです。

Google攻略がSEOのカギ

SEOはスパムではありません

SEOとはWebサイトを適切に認識してもらう行為であって決してスパム行為ではありません。

2012年実施された「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」によりスパム的な手法を用いたサイトが検索順位を落とすという事件がありましたが、きちんとしたSEOを行っていればスパムと判断される事もないので心配ありません。

SEOという手法がなくなることはありません

検索エンジンがなくならない限りSEOという手法がなくなる事はありません。現在までに様々なウェブマスター達がSEOの研究を重ね、Googleが好むSEOの手法というものが明確になってきています。

業者に頼まなくても自分で実践できます

SEOという手法には、守らなくてはいけない作業手順があります。中身にばかり気を取られて、適切なタイトルがついていないようでは効果は期待できません。

自分で実践できるSEOとは、学んですぐに実践できる物ばかりです。業者に頼む前に自分で実践してみましょう。

オリジナルの文章を作る事が基本です

オリジナルの情報を詰め込んだオリジナルの文章をWebサイトに掲載することがSEOの基本となります。さらにその情報がユーザーにとって有益な情報であるならその効果は抜群です。

他のサイトがらコピー&ペーストした情報や文章はオリジナリティが無く、ユーザーに興味を持たれにくいでしょう。

このページのまとめ

  • 上位1ページ以内のサイトと2ページ目のサイトでは訪れるユーザー数が圧倒的に変わる。
  • SEOはスパムではなく、適切にWEBサイトを判断してもらうための手法。
  • オリジナリティのある言葉はSEOの基本で、ユーザーにも興味を持たれやすい。
  • ビッグキーワードは競合が多いので、スモールキーワードで地道にSEOを実践する事が大切。
本間 隆之
この記事を書いた人
本間 隆之

本間 隆之が書いた記事

新着情報

スタッフブログ

ご相談・
お問い合わせ