スタッフブログ

14 SEOの内部対策

2013/12/26 SEO

HTMLの正しい記述方法

内部対策で行う具体的な対策は、作成したHTMLの文書を検索エンジンに正しく理解してもらうことです。そのためにHTMLは正しい記述が大前提になります。間違ったHTMLの記述はWebページがブラウザに表示できなくなる他、Webページに何が記載されているのか検索エンジンに理解してもらえなくなります。必要最低限、正しくHTMLを記述していくことがとても大切です。

検索エンジンが理解するHTMLの整え方

HTMLは時代とともに進化しています!<head></head> <title></title> <body></body> <h1></h1> <p></p>など、一つ一つの基本のタグを正確に記述していく事、文字化けの表示を防ぐ記述をする事、段落を使用して文章を記述する事、など丁寧な記述を心がけていくことが大切です。このホームページのHTMLの正しいソースの書き方の基準を、W3Cが決めています。W3CとはWorld Wide Web Consortiumの略で、ホームページの言語や標準規格を決めている非営利団体のことです。W3Cのやり方に沿ったソースの書き方は参考になり、タグを正確に記述していくのに役立ちます。

検索エンジンが理解するHTMLの整え方

このページのまとめ

  • w icon_green”>内部対策の具体的な対策は、必要最低限HTMLを正しく記述すること。
  • HTMLの正しいソースの基準を決めている「W3C」のやり方に沿ったソースの記述は参考になり、正確なタグの記述に役立つ。
本間 隆之
この記事を書いた人
本間 隆之

本間 隆之が書いた記事

新着情報

スタッフブログ

ご相談・
お問い合わせ