スタッフブログ

27 アンカーテキストの理解

2014/01/21 SEO

アンカーテキストは上位表示を狙う言葉を使用する

「キーワードをアンカーテキスト」にして、紹介してもらえるWebページからリンクをもらえばSEOの効果はさらに高まります。アンカーテキストとは、コンテンツ内にURLを表示する際、「http://~」で始まるURLの代わりに置き換えられたテキストの事です。

アンカーテキスト

  • <a harf=”自分のサイトのURL”アンカーテキスト></a>

第三者に、このようなHTMLをPageRankの高いページに張ってもらえればキーワードをアンカーテキストに指定した狙ったリンクをもらえることになります。

アンカーテキストは上位表示を狙う言葉を使用する

リンクのつけ方ともらい方

Googleの評価が高いページから上位表示したいキーワードのアンカーテキストでリンクしてもらう基本をおさえれば、リンクをどの位置に張るかがわかってきます。評価の高いページは「トップページ」ですので、「サイドバー」や「フッター」からのリンクはトップページからだけでも十分です。全てのページからリンクを獲得する必要はありません。またどこからリンクを張るにしても、アンカーテキストでリンクするのが原則です。

獲得したアンカーテキストは全て同じでいいのか??

Webページで獲得したリンクのアンカーテキストは全て同じにしてしまってもいいのでしょうか。大きく分けると答えは2つになります。

獲得したリンクのアンカーテキスト

  • PageRank4以上のWebページばかりから獲得できる場合 → アンカーテキストは全て同じにしてもあまり問題はない。
  • PageRankの低い(Googleから評価を得ていない)Webページからのリンク獲得時の場合 → アンカーテキストは言葉のバリエーションを作ってリンクしたほうがよい。

PageRankの低いWebページからのリンク獲得の場合はキーワードを使ったアンカーテキストの効果よりも、ドメインパワーのほうが重要視されるからです。

アンカーテキストと複合キーワード

上位表示したいキーワードをアンカーテキストに盛り込む場合、ページの文章中にアンカーテキストに関連したキーワードを多く含めておくと、アンカーテキストの複合キーワードでの上位表示が可能になります。

このページのまとめ

  • Webサイトの評価が高いページはトップページで、どこからリンクを貼るにしてもアンカーテキストでリンクするのが原則。
  • PageRankの低いページからのリンク獲得の場合は、アンカーテキストのバリエーションを変えた方が良い。
  • 上位表示したいキーワードをアンカーテキストに入れた場合、ページの文章に関連ワードを多く入れることで複合キーワードでの上位表示が出来る。
本間 隆之
この記事を書いた人
本間 隆之

本間 隆之が書いた記事

新着情報

スタッフブログ

ご相談・
お問い合わせ