スタッフブログ

Googleの口コミを消す方法|手順や削除対象の口コミ具体例も紹介

2022/02/08 MEO

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)は誰からも閲覧できるため、自店に悪いレビュー・口コミが投稿されてしまうと、集客に影響がでるのではないかと心配になります。そこでそれらを消そうと試みている人も多いのではないでしょうか。結論からいうと、Googleビジネスプロフィールで口コミの削除はできます。しかし、削除できるかどうかはGoogleの判断に委ねられるため、簡単ではありません。

今回は、Googleビジネスプロフィールでの口コミの消し方を紹介します。後半では低評価な口コミへの対策方法にも触れているので、本記事でGoogleビジネスプロフィールの口コミ対策について一緒に勉強していきましょう。

Googleの口コミは消せるのか

結論からいうと、Googleマップに記載されている自店情報に寄せられた口コミは消せます。ただし、 Googleビジネスプロフィールヘルプに記載があるとおり、削除対象となるのは「Googleのポリシーに反する口コミのみ」です。そのため、たとえば「コメントの記載がなく、低評価だけのレビュー」や「この口コミは印象が良くない」といった、オーナー個人の印象による削除依頼を出しても削除される可能性は低いと言えるでしょう。

Googleで削除できる口コミの種類とは

前項で少し触れていますが、Googleマップに記載された口コミを削除できるのは「Googleのポリシーに反する口コミのみ」です。Googleのポリシーに反する口コミとは、下記のようなものを指します。

  • スパムと虚偽のコンテンツ
  • 関連性のないコンテンツ
  • 制限されているコンテンツ
  • 違法なコンテンツ
  • テロリストのコンテンツ
  • 露骨な性的表現を含むコンテンツ
  • 不適切なコンテンツ
  • 危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ
  • なりすまし
  • 利害に関する問題

上記のような口コミであれば、削除できる可能性があります。「可能性」としているのは、Googleマップの口コミは次項で説明するとおり、Googleの審査に通らなければ削除されないからです。

Googleの口コミを削除する方法

Googleマップの口コミを削除する方法は下記の2つです。

  • Googleビジネスプロフィールからオーナーとして削除申請を出す
  • 第三者として削除申請を出す

Googleマップに記載された口コミは、店舗情報を管理しているビジネスオーナーだとしても直接削除はできません。削除したい口コミがある場合は上記のとおりGoogleに申請を行い、審査に通る必要があります。逆にいえば、「審査に通らなければ口コミの削除はできない」ことになります。

Googleの口コミが削除されるまでの期間

Googleに口コミの削除依頼を出してから申請内容についての審査が行われますが、Googleビジネスプロフィールヘルプに「審査には数日かかる場合があります」とあるとおり、この審査がどのくらいかかるかは明確にされていません。インターネット上では「数日で終わることもあれば、1ヶ月以上かかるケースもある」という意見もあり、審査にかかる時間はケースバイケースと言えます。

また、審査の結果も報告してもらえないため、審査が通ったかどうかを知る手段もありません。目安としては1ヶ月経っても対象の口コミが削除されない場合は、Google側が「削除する必要はない」と判断したと考えると良いでしょう。

Googleの口コミを削除する手順

Googleの口コミを削除するには、下記のいずれかの方法で削除申請を行う必要があります。

  • Google検索またはGoogleマップから削除申請を出す
  • ビジネスアカウントから削除申請を出す

ビジネスアカウントを管理している場合は、ビジネスアカウントから削除依頼を出すと良いでしょう。アカウントを管理していない場合は、第三者として「不適切な口コミを報告」することで、削除申請ができます。次項から口コミの消し方の詳細な手順を解説していきます。

Google検索またはGoogleマップから削除申請を出す

Google検索またはGoogleマップから削除申請を出す方法は下記のとおりです。手順はほぼ同じなので、今回はGoogleマップの画像で解説します。

  1. パソコンでGoogleもしくはGoogleマップを開く
  2. 検索窓にジャンルもしくは店名を入力して、ビジネスプロフィールを見つける
  3. 削除依頼を出したい対象の口コミを見つけたら「︙」→「レビューを報告」の順にクリック
  4. 該当する口コミの問題点を選択して「報告」する

ビジネスアカウントから削除申請を出す

ビジネスアカウントを管理している場合は、下記の手順でアカウントから削除依頼を出します。

  1. パソコンでGoogleビジネスプロフィールにログインする
  2. 削除したい口コミがあるビジネスを選択する(複数ビジネスを管理している場合)
  3. 左側のメニューにある「クチコミ」をクリック
  4. クチコミ一覧から対象のクチコミの問題点を「報告」する

削除できない口コミへの対処法

Googleの審査が通らずに口コミが削除できない場合の対処法としては下記の2つの方法があります。

  • 「名誉毀損」であることを立証する

もし、削除の必要性がないとGoogleが判断した口コミであったとしても、「名誉毀損」にあたる内容であることを立証し、Googleに対して法的に削除義務があると主張すれば、削除できる可能性が高まります。ただし、この方法では「コメントの大部分が虚偽である」ことを立証する必要があるため、簡単ではないことを留意しておきましょう。

  • 口コミの投稿者に削除を依頼する

後述していますが、Googleマップの口コミは自分の投稿であれば簡単に削除できます。そのため、すぐにでも削除したい口コミであれば投稿者に連絡をとり、削除を依頼する方法もあります。相手が素直に応じてくれるとは限りませんが、試してみる価値はあるでしょう。あまりにも悪質な内容である場合は、法的措置も辞さないことを伝えてみるのも良いでしょう。

Googleの口コミで低評価を受けたときの対応策

ここまでの説明でGoogleマップのクチコミの削除は難しいうえに面倒なことがおわかりいただけたかと思います。そのため、できれば低評価な口コミはもらわないに超したことはありません。低評価の口コミを防ぐポイントとしては、下記のような点を意識してみましょう。

  • 積極的に返信する

内容問わず、口コミには必ず返信することをおすすめします。特に低評価の口コミに対しては丁寧に「謝罪」と「改善の意思」を伝えます。そうすることで他のユーザーからは「誠意のある対応ができるお店」だと思ってもらいやすくなります。

  • ポジティブな口コミを集める

口コミの数が少ないと低評価な口コミが目立ちやすいので、口コミの数を増やす努力をしましょう。それもポジティブな口コミを増やすことで、低評価な口コミが目立たなくなります。

  • 情報を充実させる

消費者が持つイメージと現実との差がマイナスになったときに低評価は付きやすくなります。はじめからしっかりと情報提供ができていれば、そうしたギャップを生むことがないので、低評価は付きにくくなるでしょう。

自分の口コミを消したい場合

自分が書き込みをした口コミは、簡単に消すことができます。

  1. Google検索もしくはGoogleマップで口コミを投稿したお店を探す
  2. 「口コミ」→「自分の名前」の順番にクリックする
  3. 削除したい口コミを見つけたら「︙」→「クチコミを削除」→「削除」の順にクリック

自分が投稿した口コミを編集したい場合も同様の方法で編集が可能です。

Googleビジネスプロフィールを利用するならドコドアMEO

Googleビジネスプロフィールを充実させて、Googleマップで上位表示されれば、露出が増える分、集客も見込めます。Googleマップで上位表示させるにはMEO対策を行う必要があります。MEO対策はSEO対策(検索結果で上位表示させること)より、比較的簡単に取り組め、取り組んでいるビジネスオーナーも少ないため上位表示をしやすい傾向にあります。

ただし、上位表示させるにはMEO対策の知識やWebマーケティングの知識が必要です。またビジネス情報を登録するだけでなく、定期的に情報を更新して運営しなければいけないため、高い集客効果が見込めるとはいえ自店の負担が増えてしまいます。

ドコドアではこれまで1,600社以上のホームページを請け負ってきた実績があり、WebマーケティングとMEO対策に精通しているため、自社で行うよりも効果的なMEO対策を実現可能。登録から運営まで一貫しておまかせいただけるため、自分のビジネスに集中しやすくなります。これからMEO対策の実施をお考えの場合、またはMEO対策でお悩みの場合は、ぜひドコドアMEOにおまかせください。

▼詳しくはこちら
https://docodoor.co.jp/lp_meo/

まとめ

Googleビジネスプロフィールに投稿された口コミを消すのは容易ではありません。悪質な口コミの場合は、削除してくれる可能性は高いですが、Googleがポリシーに反していると判断しなければ削除されることはありません。そのため、低評価なレビューや悪い口コミをもらわないように、日頃の接客態度などに注意を払う必要があります。

悪質な口コミを除いて、低評価な口コミはお店の改善点を知るための手がかりにもなります。そのため、低評価なレビューや口コミが投稿されてしまった場合には、まずは丁寧に返信・謝罪を行い、投稿内容を元に改善策を講じると良いでしょう。

 

【こちらの記事もおすすめ】

▶︎Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)とは?できることや登録方法を紹介

▶︎集客できるホームページに!簡単に実践できる4つの改善ポイント

▶︎MEO対策が不動産会社におすすめの理由|やり方や成功事例も紹介

 

石井 秀治が書いた記事

新着情報

スタッフブログ

ご相談・
お問い合わせ