スタッフブログ

2020年11月ホームページ制作等に使用できる補助金のご紹介

2020/11/06 運用

今回は最近募集が追加された「IT導入補助金」についてご紹介させていただきます。ドコドアでは補助金を利用したホームページ制作実績がございますので、補助金を使ってのホームページ制作ができないかな?と迷われている方はお気軽にご連絡ください。

IT導入補助金 通常枠(A、B類型)の概要について

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者を対象に課題解決のためのITツール導入を支援し、業務効率化や売上アップにつなげる制度です。下記、一部内容を抜粋してご紹介します。

  • 対象者 : 中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象) ※資本金や従業員数は業種によって異なるため要確認
  • 補助率 : 1/2以下
  • 補助上限額 : A類型 30~150万円未満、B類型 150~450万円
  • 対象となる取り組み : ソフトウエア費、導入関連費等 ※IT導入補助金公式サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象。
  • 公募スケジュール : 10次締切 : 2020年12月18日(金)17:00まで(予定)

その他、補助金の詳細についてはこちらからご確認ください。

IT導入補助金を利用したホームページ制作の注意点と対策

IT導入補助金を利用してホームページ制作をする場合、通常のコーポレートサイトのような一般的なホームページを作るだけでは補助金が降りない可能性があることには注意が必要です。というのも、IT導入補助金は中小企業・小規模事業者の方々が自社の課題やニーズに合った「ITツール」を導入する経費の一部を補助する制度。

この「ITツール」の中に、通常のホームページは含まれないとみなされることが多いため、IT導入補助金を利用したホームページ制作には、なにかしらITツールの機能をもたせる必要があります。

ではどのようなITツールを導入すればよいのかと言うと、例えば顧客管理システムとの連携機能や、会員登録機能、顧客とコミュニケーションがとれるチャット機能、EC機能(いわゆるネットショッピング)等が挙げられます。このような集客・売上げアップに繋がる機能を持たせることで、IT導入補助金を活用したホームページ制作が可能になると考えられています。ただし、あくまで判断は事業者によるためまずは一度お問い合わせ・相談窓口にご連絡することを推奨いたします。

まとめ

今回は新たに10次募集のスケジュールが公開されたIT導入補助金について、概要とホームページ制作に利用する場合の注意点・対策についてご紹介しました。

昨今は新型コロナウイルス感染症によって、顧客との関係性の構築や新しい対応について検討されている中小企業様も多いかと思います。顧客管理システムやEC機能を導入したホームページ制作はどの制作会社でも料金は高くついてしまいますが、IT導入補助金のような支援制度を活用して、この機会に制作に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

ドコドアでも各種補助金制度を利用したホームページ制作のご相談を承っております。全国各地の企業様から選んでいただける提案力やデザイン、コーディングでお客様の目的達成を支援し、エンドユーザーと検索システムからも評価されるホームページを制作します。ホームページ制作に関するお悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。

勝山 公一朗が書いた記事

新着情報

スタッフブログ

ご相談・
お問い合わせ