お問い合わせ
  • 運用

最新ポイ活 “TikTok Lite” とは?|マーケティング活用のための効果的な戦略も解説!

“TikTok Lite”をご存知でしょうか!

買い物などで貯めるポイントを活用してお得に買い物をする「ポイント活動(ポイ活)」。節約につながったり、お得なサービスを見つけられるチャンスになったりといったメリットから、消費者の間で関心が高まっています。

この記事では、最近ポイ活の中で注目を集めている、“TikTok Lite”について詳しく見ていきます。

TikTokやTikTok Liteを通じたマーケティング戦略についても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

 

“TikTok Lite”とは?TikTokとの違い

“TikTok Lite”とは、TikTokを運営しているByteDance社がリリースした、TikTokの動画を見るとポイントが貯まるアプリです。

ポイントは「動画視聴」や「動画へのいいね」などのミッションをクリアすると獲得でき、さまざまなミッションをクリアしながら、ゲーム感覚でTikTokの動画をおトクに楽しむことができます。

またTikTok Liteは、TikTokの軽量・簡易版アプリでもあります

アプリの容量やデータ使用量がTikTokよりも少なく、スマホの容量を圧迫せずに使えたり、通信環境が悪いときもサクサク動画を視聴することができたりといった利点があります。

ユーザーにとって魅力的なこのプロモーションは、TikTok Liteをより多くの人に使ってもらい、動画の視聴や投稿を日常的な楽しみとしてもらうといったねらいがあります。

TikTokの特徴・ユーザー層

そもそもTikTokとは、15秒~60秒程度を目安とした短い動画を作成し投稿するプラットフォームを提供するSNSです。TikTokにはエンターテイメント系の動画が多数あり、楽曲に合わせて踊る動画や面白いシーンを取り上げた動画などが投稿されています。

そのようなTikTokには、ユーザーを引きつける様々な特徴があります。

拡散性が高い

多くのSNSでは、アカウントのフォロワーや「友だち」を通じて情報が拡散されます。しかしTikTokでは、フォローしていないクリエイターの動画がおすすめ欄に出てくるため、フォロワーが全くいなくても動画が人目に触れやすく、内容が面白ければ大きく拡散される可能性があります。

また、他のSNSやメッセージアプリにシェアできる機能があり、他のSNSによって広められることも特徴です。

コンテンツが端的

TikTokは15秒~60秒程度の短い動画が主体であるため、最後まで視聴しやすかったり、動画をサクサク見進められたりすることから、時間効率を重要視する方からも好まれやすい傾向があります。

「おすすめ機能」がある

TikTokには「おすすめ機能」という、ユーザーの検索履歴や視聴時間に基づいて、ユーザーの好みに合った動画を表示する機能があります。

この機能により、ユーザーは自分の興味や関心に合った動画をすぐに見つけやすくなり、アプリの利用時間が増えるようになります。

 

さらに、TikTokの公式サイトによると、10億人を超えるアクティブユーザーがいるとされています(2021年9月時点)。また、総務省の調査データによると、10〜20代の若年層が多く利用しています。このユーザー層は、インターネットに親しんで育ち、スマートフォンを所持しているのが当たり前の世代なため、インターネットを通じた発信や視聴、コミュニケーションに抵抗が少ない傾向があります。

TikTokを活用したマーケティング戦略

上記で紹介した特徴やユーザー層から、TikTokを用いて、ビジネスやブランド、商品の広告・宣伝などといった手段でマーケティングに利用する「TikTokマーケティング」が注目されています。TikTokマーケティングを行うことで、SNSからの情報から消費行動を行う世代をユーザーとして取り込むチャンスになります。

TikTokマーケティングには次のようなメリットがあります。

高い情報情報拡散性―フォロワーが少なくても情報を拡散できる

動画制作のコストが低い―スマートフォンのアプリや編集サイトで簡単に制作できる、動画の尺も短い

海外へPRができる―自動文字起こし機能で海外ユーザーにもアピールできる

 

また、TikTokマーケティングの流れは以下の通りです。

1,ビジネスアカウントを開設する

ビジネスアカウントを運用することで、企業はTikTok上で自社のプロモーションやコンテンツを制作できます。ビジネスアカウントには、投稿別や日付によって、どのように数値が変化したかを分析できる機能があり、ユーザーの動向のデータを分析し、より良いコンテンツを制作することができます。プロフィールにリンクを貼る機能もあり、Webサイトや商品ページの誘導もできます。

2,広告を出す

TikTokでは様々な方法で広告を表示することができます。アプリの起動時に表示される方法や、独自のハッシュタグを作り、ユーザーがそのハッシュタグを活用して動画を制作する方法などがあります。

3,PRやキャンペーンを行う

ユーザー参加型のPRや、TikTok上で影響力のあるインフルエンサーを起用したPRなど、ユーザーにアプローチをかけると、より効果的なPR・キャンペーンになります。

 

TikTokマーケティングのポイント

最終目標であるKGIの設定

KGI(重要目標達成指標)は、企業が最終的に達成したい目標を指します。特に、KGI設定では、具体的な数値に落とし込めるかどうかが重要となります。

(例:売上30%拡大)

目標達成のためのKPIの考案

KPI(重要業績評価指標)は、KGIを達成するためにクリアすべき中間目標を指します。

以下のものがKPI設定の上での要点です。

・目標を明確にする

・目標達成には何が必要か考える

・やるべき課題を設定する

・TikTokによるユーザーにできる貢献は何か考える

(例:定番商品の売上を1.3倍にする←商品のブランディングが必要)

インサイトを考慮した動画の制作

インサイトとは、購買行動における深層心理のことです。成果を得るには、ユーザーのインサイトを的確に予想した動画を制作する必要もあります。

まとめ|SNSマーケティングならドコドア

今回は“TikTok Lite”の概要と特徴、マーケティングについてご紹介していきました。

SNSマーケティングでお困りなら、創業以来1,600社以上の企業様のWebマーケティング施策をお手伝いしているドコドアをご検討ください。SEO、リスティング広告、ホームページ改善など幅広くサポートいたします。

SNSマーケティングはご自身での対策も可能ですが、慣れていないと上手くいきづらいうえに時間と費用を消費するだけに終わってしまいます。効率的に効果を出すためにはプロへの依頼が近道。SNSマーケティングのプロであるドコドアなら安心してお任せいただけます。まずはお気軽にドコドアにお問い合せください。

◎お問い合わせ・ご相談はこちらから

Contact Us

Web制作、Webマーケティング、SFA・MA導入支援に関するお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作、マーケティングにおける
ご相談はお気軽にご連絡ください。

資料請求

会社案内や制作事例についての資料を
ご希望の方はこちらから。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのご相談も受け付けております。

※コールセンターに繋がりますが、営業時間内は即日
担当より折り返しご連絡をさせて頂きます。